FC2ブログ

塩基性染料って何?ちゃんと染まるの?

2018-10-19




普通の人は塩基性染料って言われてもなんのこっちゃですよね~








塩基性染料とは
アミノ基や置換アミノ基 ( -NHR ,-NRR' ) を含み,酸性基 ( -SO3H 基など) を含まない水溶性染料。

コトバンクより抜粋






余計に分からなくなった感じ?(笑)










簡単に分かりやすく説明すると、家で白髪がうっすら染まるカラートリートメントと同じような物w








染まり具合はカラートリートメントを使った事がある人は分かると思うけど、うっすら染まる程度なのでしっかり染めたい人には向いてないよね(>◡<;)










でも、それはあくまで市販の塩基性を使ったらって事で、お店でやると全然違う染まり方になります。
こんな感じ↓








アフター写真しかなくてすみません(>◡<;)
根元1センチが白髪でした










詳しくは説明しませんが、お家ではうっすら染まるぐらいの塩基性染料がお店でやると、ここまで染まります!








しかも!
カラーアレルギーの原因のジアミンを使わないのでジアミンアレルギーの人にも、草アレルギーが強くてインディゴで染めれない人にはいいかもしれせんね!









もちろん薬剤である限り絶対安全とかではないですが、その人にあった薬剤、塗り方などを工夫していけばある程度の事はできると思うのでアレルギーの方は相談して下さいね~(´∀`)







毎週金曜日 20:00
ブログ更新予定でーす(´∀`)









傷みやヘアスタイルで悩んでる方は
気軽にLINEで相談してくださいね♪

Add Friend


アクセス