クセが強い人はトップの長さを長く残して重めにおさえた方が良いって本当!?

2016-12-08







クセが強く広がるから
重めのスタイルにしておさえ込む…
そのスタイル可愛く若く見えますか?
今日はそんなお客さんです




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まいど!
髪の事をまじめに考えてる


Art For Art's
大日店店長
ユウで~す(笑)


初めてのご来店の方は
こちらもご覧くださいね♫


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー








クセが強い人はトップの長さを長く残して重めにおさえた方が良いって本当!?









今日はブログから2回目のご来店
R.Hさん












毛量は多くて
クセも強くチリつき&ウェーブ
傷みはそこまでなし









初来店時のBefore


















毛量が多くてクセがある人は
美容師さんに
広がるのでやめてた方が良いですよ
長さをトップの残して
おさえた方がおさまりますよ

って言われる方が多いみたいですね













R.Hさん
今までそう言われて
上の方の長さを残して
押さえつけるようにしてきた結果
重たいし広がるし
疲れてるように見えるし…














「広がるからやめておいた方がいい」
確かにその選択肢は
お客さんの髪質によっては
いい場合もあります。













でも最初からこう考えるのではなく
ショートスタイルを望むのなら
お話をきいて、その人にあった
その時にできるヘアスタイルを
提案させてもらって
やりたいか?やりたくないか?
ここが大事な気がします。












もちろんカットだけでは
出来ない場合もあるので
アレもコレもみたいに
思い通りにはいきませんけどねw












その辺を理解してもらえたなら
色々と考えてカット~
カラーはもちろんリタッチで~
そんで手で乾かして
クセのチリつきをおさえつつ
パーマっぽいところは活かせる様に
オススメのスタイリングの仕方を
レクチャーして今日の仕上がり~





























初来店Before&今回のAfter



















「そうそう!前回初めて切ってもらった時にいい感じだったし、周りの人達に若くなった!って言われましたよ~」













あざっす!
若くなったって言われるのは
誰でも嬉しいですよね~♫












お家でも再現できる様に
教えた感じでスタイリングを
してみて下さいね~(๑•̀ㅂ•́)و✧
分からないことがあれば
何でも聞いてくださ~い!















さぁ~
明日も仕事楽しんじゃお~っと(o′▽`o)ノ






ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログを見て初めてご来店される方へ
おいらは大日店にいますので(o′▽`o)ノ
予約の際にご指名下さいね♪

アートフォーアーツ大日店
06-6780-1223


いたって普通の美容師ですが
その髪のお悩み解決できるかも(๑•̀ㅂ•́)و✧


初めてのご来店の方は
こちらもご覧くださいね♫


電話が苦手…そんな方は
↓LINEでご相談や予約も可能です♫

Add Friend
迷ってるそこのあなた~
まずはポチッとな(笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆髪の真実☆
初来店の方は必読で~す♪


髪は死滅細胞
ツルツルツヤツヤっていいの?
髪は減点法式で傷む!
皮膜系vs髪密度トリートメント対決
ハナヘナ濃密トリートメント
DO-Sシャンプートリートメント
DO-S使用経過
DO-Sシャンプートリートメントの仕方


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アートフォーアーツ各店舗
大日店
大阪府守口市大日町1-2-8
06-6780-1223
千林店
大阪府守口市滝井西町1-10-6
06-6997-7833

ART FOR ART'S ホームページ
↑こちらをクリック♫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここに書いてある文章はあくまで
個人的な経験と実験から発する
妄想です(笑)

何でも疑問があればブログ内のコメント
でご質問お待ちしてますねw
できる限りブログの記事内で
お答えしていきます!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆大日店スタッフ☆
オカニシ タツヤのブログ

☆千林店スタッフ☆
あっくん★の美容ブログ
和人の諸行無常の響きあり
小久保 奈緒 Instagram


☆友達美容師ブログ☆
場末のパーマ屋の美容師日記
どS美容師ブログ

ハナヘナ仙人のブログ
毛髪科学のスペシャリスト古根川さんのブログ


☆ダメージヘア撲滅委員会☆



アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR