プロの美容師である為に

2014-11-12

当たり前だけど、


お客さんの知識レベルよりは


美容師である自分達の方がはるかに上!


っということは


プロが素人に物を教える


こういうスタンスじゃないといけない!



ーーーーーーーーーーーーーー

クリック必須!
↓押すとおいらのヤル気につながります(๑•̀ㅂ•́)و✧
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

ーーーーーーーーーーーーーー

守口市の髪の傷みを考える美容室のユウで~すw


髪や美容に興味のある方や、ない方(笑)
↓Facebookの友達募集中です~♪
「本告 裕」お気軽に申請してくださいねw


ここに書いてある文章はあくまで個人的な経験と実験から発する妄想です(笑)


何でも疑問があればブログ内のコメントでご質問お待ちしてますねw
できる限りブログの記事内でお答えしていきます!


ーーーーーーーーーーーーーー



☆プロの美容師である為に


お客さんにオーダーを聞くと


冒険はしたいけど、外したくないから


いつもと一緒になるか





自分なりの考えで、


こうして欲しいと、間違った考えを


言われることがある(苦笑)





このことからも分かるように


大半のお客さんは自分の


「こうなりたい」を実現する為に


必要な施術を知らない…




だからこそ




お客さんの要望の本質を聞き出し、


こちらから提案して


オススメするのが美容師だと思う。





それにはお客さんの好みや、


これまでどういった履歴があり、


現在どんなダメージ状態で、


家ではどんなホームケアをしてるのか


その人を熟知してる事が大前提である。




そして、




なんでこのカット、カラー、


パーマ、矯正が必要なのかを、


明確に伝えスタイル提案してあげる。





それがあるからお客さんも安心して


任せることができるんやと思う!








ーーーーーーーーーーーーーー

当ブログ関連記事
⭐︎髪は死滅細胞…
⭐︎ツルツルツヤツヤっていいの?
⭐︎髪は減点法式で傷む!
⭐️皮膜系vs髪密度トリートメント対決
⭐️ハナヘナ濃密トリートメント
⭐️DO-Sシャンプートリートメント
⭐️DO-S使用経過
⭐️DO-Sシャンプートリートメントの仕方

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR