消費者は本当に『被害者』なのか

2014-06-22

今回は


便利で効果が出るものは、みんな欲しいと思うだろうけど


それとひきかえに負うリスクもしっかりと考えていかないといけないかもね


ってお話で~す(o′▽`o)ノ

ーーーーーーーーーーーーーー
守口市の髪の傷みを考える美容室のユウで~すw


髪や美容に興味のある方や、ない方(笑)
↓Facebookの友達募集中です~♪
「本告 裕」お気軽に申請してくださいねw


ここに書いてある文章はあくまで個人的な経験と実験から発する妄想です(笑)


何でも疑問があればブログ内のコメントでご質問お待ちしてますねw
できる限りブログの記事内でお答えしていきます!



にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村
↑クリックしてランキングにご協力くださ~いw
ーーーーーーーーーーーーーー



↓かずのすけさんのブログに飛びますw
⭐️消費者は本当に『被害者』なのか



メーカーはただ消費者のリクエストに答えて、

効果の大きい化粧品を作った結果、、

副作用の危険性のある化粧品を作ってしまったのです。




もちろんそれでも今回のような大きな健康被害を出した化粧品や

そのメーカーを肯定することはできませんが、

(しっかりとリスク管理を行えば回避できたかもしれないことです)


本来「安全性」を求めるべき化粧品に

「有効効果」という副次物を求めてしまっている


この消費者全体の今の風潮は些か考えものだと僕は思います。



シリコーンによる皮膜や某洗顔剤による除菌し過ぎ問題なども同じ事なのでしょうね(´Д` )


ーーーーーーーーーーーーーー
↓1日1クリックでヤル気出ます(笑)
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村


関連記事
⭐︎髪は死滅細胞…
⭐︎ツルツルツヤツヤっていいの?
⭐︎髪は減点法式で傷む!
⭐️皮膜系vs髪密度トリートメント対決
⭐️ハナヘナ濃密トリートメント
⭐️DO-Sシャンプートリートメント
⭐️DO-S使用経過
⭐️DO-Sシャンプートリートメントの仕方

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR